SAPのすみっこ

SAP業界のすみっこに住んでます。すみっこから小さな声で発信します。

SAP業界のすみっこから小さな声で発信します

「Why Digital Matters? ~ “なぜ"デジタルなのか~」を読んで

書籍エントリは、(人気がないので)やめようと思っていたのですが、衝撃的な出来事がありましたので書いてみます。

 

 

日本語で書かれているSAP関連書籍って少ないですよね。

最近のSAP公式系だと、このへんとかこのへん↓

SAP 会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

SAP 会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

 
SAP HANA入門―Powered by IBM Power Systems

SAP HANA入門―Powered by IBM Power Systems

  • 作者: SAP HANA on Power Systems出版チーム
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2017/09/30
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 
最高の働きがいの創り方

最高の働きがいの創り方

 

 

 これは公式とは違うかも

世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント

世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント

 

 

 

ということで、SAP関連書籍は1年に1冊ぐらいの発売されるイメージでした。

 

が、なんと

2018/12/13、12/14の2日連続で日本語で書かれたSAP関連書籍が発売されました。

 

 

今回は、12/13に発売されたこちらを↓

Why Digital Matters? ~ “なぜ

Why Digital Matters? ~ “なぜ"デジタルなのか~

  • 作者: 村田聡一郎/SAPジャパン,プレジデント経営企画研究会
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

目次

 

  • 序章/日本型経営の「勝利の方程式」がなぜ通用しなくなったのか
  • 1章/コマツ LANDLOG ~顧客課題、社会課題を解決するオープンなデジタル・プラットフォーム
  • 2章/第4次産業革命の本質は「デジタル・イノベーション」
  • 3章/「デジタル」と「フィジカル」の本質的な違い
  • 4章/日本の現実は「2.5」~インダストリー4.0の本質は「全体最適」
  • 5章/デジタル・プラットフォーマーの時代~早い者勝ちの陣取り競争
  • 6章/デザイン思考で顧客の「真の欲求」を見極める
  • 7章/ケーススタディ:大企業病を克服したSAP
  • 8章/ 企業システム構築の新常識

 

 

 

読んでみてざっくり

※ちゃんとした書評等は、他サイト参照

  • 前半は、日本のITと組織(現場と経営者)、デジタルとフィジカル、インダストリー1.0~4.0のお話、どれもとてもわかりやすい
  • 後半は、最近のSAPのお話
  • 公開資料やセミナーなどで概要のみ見聞きしていた事例について、詳細まで知ることができる。これは書籍ならではのボリューム感。
  • 全体的に読みやすい文章。年末年始の読み物にオススメ
  • 社内の人とか、現場の人とか、この本を全員読んでから会話を始めたら、いろいろ話が早そうだなと思った(いろいろ)
  • タイトルをみて、「フワッとしてる系?」とか「デジタルとか主語デカくね?」とか思ってごめんなさい。読んでみたら全然違ってました
  • Amazonのレビューがすべて☆5なのはチョット気持ち悪い(2018/12/26現在)

 

 

ということで、この本オススメです

(別にSAPからお金とか貰えるわけじゃありません)

Why Digital Matters? ~ “なぜ

Why Digital Matters? ~ “なぜ"デジタルなのか~

  • 作者: 村田聡一郎/SAPジャパン,プレジデント経営企画研究会
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る